Feature

ゴール仙台にて、大変お世話になりました。

おかげさまで12日間の選挙戦が終わりました。本日福島からゴールの仙台へ。多くの仲間の皆さんに支えられての東北一周ツアーとなりました。お付き合いいただいたボランティアの皆さん、またこの選挙を支えてくださったすべての皆さん、...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月21日(土)

米沢市より福島へ

昨日は米沢市より福島へ。福島では何としても被災地に顔を出したく、相馬、南相馬に疾走。津波被害の残る町、フレコンバックの中で苦悩する皆様に立憲民主党の想いを届けました。最後は古賀茂明さんとの演説会、辛口のコメントもしっかり...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月21日(土)

福島ミーティング、古賀茂明さんと自民党政治の本当の問題を語る

10月20日福島駅東口、街なか広場にて古賀茂明さんと演説会を開催しました。原発ゼロで地域経済を活性化、本当の経経済成長戦略は原発ゼロから(山崎誠)、自民党が目指す軍事国家への道を明らかにする、立憲民主党への期待と希望(古...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月21日(土)

山形、福島、そして宮城。まっとうな政治を届けます

山形県に入りました。山形は最終助っ人、鶴岡市議の草島進一さんが合流してくださり、ますますパワフルにお訴え。草島さんは根っからの環境派、水資源、タム問題のスペシャリスト。鶴岡市議会議員選挙をダントツトップ当選直後の参戦。 ...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月19日(木)

枝野さんにもリレー応援メッセージを書いていただきました

昨日の枝野代表の福島演説会の様子です。枝野さんにもリレー応援メッセージを書いていただきました。街宣車に貼って走ります。「俺、字が下手くそなんだよなぁ」と嘆きつつ、選挙が終わりましたら一緒に習字始めましょう!  ...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月18日(水)

秋田から福島へ

昨日は秋田から福島へ、演説会に参加して今度は山形へ移動。高速参勤交代か?移動中もとにかく街宣。 由 Makoto Yamazaki 发布于 2017年10月17日 立憲民主党の枝野幸男代表の福島演説、まっとうな政治の真髄...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月18日(水)

弘前から秋田へ入りました

昨日は弘前から秋田へ入りました。秋田でもスポット演説をしながら、とにかく街宣車を入らせる。途中、鹿角では市会議員の吉村あいさんに応援いただき、うぐいすをやっていただきました。カラス5号の齋藤君にも合流してもらいとにかく賑...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月17日(火)

八戸から青森市へ入りました。熱い支持の声も多数、勇気をいただきました

昨日は八戸から青森市へ入りました。海が見えるとはなんともはるばる来た感覚がふつふつと。市民連合あおもりの皆さんとも合流してお訴えをしました。 まだまだ名前が浸透していませんが、熱い支持の声も多数、勇気をいただきました。 ...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月15日(日)

東北、岩手の皆さんはほんとうに温かく勇気づけられました

昨日は天気も良く、気持ちの良い街宣活動。岩手山を望む町を朝から晩まで走り回りました。大変多くの方からお声かけいただき、感謝で。民主党の政権交代時を思わせる、東北、岩手の皆さんはほんとうに温かく勇気づけられます。ありがとう...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月13日(金)

ご挨拶 政治活動再開にあたって

この度、新しく立ち上がりました立憲民主党に参加し、政治活動を再開することといたしました。以下、新たな決意を述べさせていただきます。 2012年の衆議院議員選挙落選以来、全国ご当地エネルギー協会他に勤務し、地域主導の再生可...続きを読む »

Feature 雑感

2017年10月9日(月)

岐路に立つ日本、失われた政治

日本の政治は決定的な機能不全となり、政治情勢は混沌としている。時代の転換点、文明の岐路に立たされているいま、政治は、日本の未来について語り、議論し、新たな国の形を提示し、国民のコンセンサスを得るための努力を尽くさなければ...続きを読む »

Feature 外交 提案 活動

2015年7月23日(木)

憲法改正がいま必要か、可能か

憲法問題 自民党が先の衆議院選挙で大勝してから、憲法改正、自主憲法制定といった動きが活発化、次の参議院選挙で争点にしようという話が盛り上がっています。まず、憲法を改正しやすくするために96条を改正し改正の発議要件をゆるめ...続きを読む »

Feature 憲法 提案

2013年5月6日(月)

「森の学校」、東日本大震災からの復興、教育の新しいかたち、子どもたちの無限の可能性にかける

宮城大学事業構想学部風見研究室を訪問 風見正三先生は東日本大震災復興に関わる様々なプロジェクトに関わられていますが、その一つが「森の学校づくり」。東松島市を舞台に自然と共生する学校づくりを進めています。被災した学校の再建...続きを読む »

提案 教育 東日本大震災 活動 環境

2012年10月27日(土)

東日本大震災から1年半、日本の経験を国際的な研究調査にどうつなげるか

OECDのアルター局長の訪問、OECDが進める危機管理に関する調査研究は日本にとって重要  昨年12月OECDパリ本部で開催されたハイレベルリスクフォーラムで東日本大震災についてのプレゼンテーションを行いお世話になったO...続きを読む »

山崎誠の一日 東日本大震災 活動 環境

2012年9月11日(火)

上関原発予定地、環境アセスの再検討を要望

山口県上関の原発予定地、この自然豊かな土地をいかにして守るか。長島における原発建設計画の環境影響書(環境アセス)を再検討するよう、改めて党本部と環境省に強く要請しました。 環境アセスの問題については、私も本会議や環境委員...続きを読む »

原子力 環境

2012年3月21日(水)

脱原発本気度、第1位に選ばれました。

脱原発の市民運動の皆さんの「脱原発大連合呼び掛け人大集合」、その中で発表された脱原発本気度の議員リストで私、山崎誠が第1位に選ばれました。脱原発を訴える人はこのところ多いですが、3.11以前からお訴えしてきて評価されたこ...続きを読む »

エネルギー 活動

2012年11月27日(火)

エネルギー基本計画に脱原発の明確な目標を明記させるために、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の意見募集に脱原発の声を届けましょう!

お願い エネルギー基本計画策定に当たって、市民の皆さまの声を反映させる手段としてパブリックコメントがありますが、今回はこのパブコメを行わないで済まそうとしているようです。理由は、総合資源エネルギー調査会基本問題委員会のな...続きを読む »

エネルギー 活動

2012年10月12日(金)

神奈川ワールドカフェ第1回「エネルギーについて語ろう」開催しました。

2012年8月26日、新横浜フジビューホテルにて民主党神奈川県連県民運動委員会(委員長:山崎誠)主催の神奈川ワールドカフェ第1回「エネルギーについて語ろう」が開催されました。60名を超える方々に参加いただきエネルギー問題...続きを読む »

エネルギー 山崎誠の一日 活動

2012年8月27日(月)

超高齢社会を支える認知症介護支援の仕組み作りに取り組みます。環境・エネルギー・福祉を3本柱に今後の活動を展開していきます。

認知症高齢者研究所とは これまでも理事として参加していました社団法人認知症高齢者研究所で本格的に活動することとなりました。超高齢社会を迎え、お年寄りの方々が安心して暮らしていただける社会をどのように構築していくか、日本が...続きを読む »

提案 社会保障

2013年1月9日(水)

箱モノは要らない、幼児教育、高齢者介護の充実、既存の資源をもっと活用すべき。

いつもアドバイスをいただいているあざみ野しらゆり幼稚園の園長先生のお話。元気いっぱいの子どもたち、明るくこれまた元気な先生方、いつもヒントをいただいています。 待機児童対策で箱モノを建てようとしている政策、既存の資源を活...続きを読む »

提案 活動 社会保障

2012年1月13日(金)

社会保障と税の一体改革の議論

社会保障と税の一体改革について党内の会合が4時間にわたり開催されました。焦点は消費税率の引き上げ。引き上げ幅とタイミングをどうするか。少子高齢化の進展を受けて社会保障制度の維持と充実のために消費税のアップは避けて通れない...続きを読む »

活動報告 社会保障

2011年12月27日(火)

「森の学校」、東日本大震災からの復興、教育の新しいかたち、子どもたちの無限の可能性にかける

宮城大学事業構想学部風見研究室を訪問 風見正三先生は東日本大震災復興に関わる様々なプロジェクトに関わられていますが、その一つが「森の学校づくり」。東松島市を舞台に自然と共生する学校づくりを進めています。被災した学校の再建...続きを読む »

提案 教育 東日本大震災 活動 環境

2012年10月27日(土)

公共福祉研究会に参加、本日のテーマは生涯教育。

文科省の生涯学習政策局、生涯学習官の話。25歳以上で大学で学んでいる学生の数、日本は2%程度で先進諸国の平均20%の十分の一。大学生の問題意識の低さなどに通じる。今日はちょうど大学入試がスタート、センター試験を息子も受け...続きを読む »

教育 活動

2012年1月14日(土)

横浜青葉リーグの出陣式に参加しました。

青葉区の活動する野球チーム、横浜青葉リーグの出陣式に参加しました。 41年の活動実績のあるチーム、全国的な活動をしているにもかかわらずホームグランドが持てないことで大変苦労されている。硬式野球ができるグランがほんとに限ら...続きを読む »

教育 雑感

2012年1月10日(火)

「復興予算奪還プロジェクト」緊急提言をまとめました。

復興予算奪還プロジェクトは、19兆円にのぼる復興予算の執行状況を調査し、真に被災者に役立つ予算・予算執行であったか否かを検証するために集った超党派の議員及び有識者により構成されています。  これまで被災地でのヒアリングや...続きを読む »

提案 東日本大震災 活動

2012年11月14日(水)

「森の学校」、東日本大震災からの復興、教育の新しいかたち、子どもたちの無限の可能性にかける

宮城大学事業構想学部風見研究室を訪問 風見正三先生は東日本大震災復興に関わる様々なプロジェクトに関わられていますが、その一つが「森の学校づくり」。東松島市を舞台に自然と共生する学校づくりを進めています。被災した学校の再建...続きを読む »

提案 教育 東日本大震災 活動 環境

2012年10月27日(土)

「復興予算奪還プロジェクト」のキックオフ記者会見が行われました。

復興予算奪還のための超党派プロジェクトがスタートしました。 記者会見では多くのメディアの方々にお集まりいただき私たちの考えをお伝えすることが出来ました。記者会見の模様は以下のホームページからご覧いただけます。私、山崎誠の...続きを読む »

東日本大震災 活動

2012年10月24日(水)

福島の危機に直面して、政治家の責任、日本人の責任について考える。

3.11福島原発事故の責任を問う質問を受けて ご指摘の通りあの3.11の時点で、私は与党の国会議員でしたので、現状の危機的状況に責任があることは痛感しております。言い逃れはするつもりはありません。これまで3.11以前から...続きを読む »

原子力 雑感

2013年8月20日(火)

脱原発は無責任?原発問題で問われる「責任」とはなにか?

「我々は責任ある立場として、(原発をなくしたいという)希望の段階で、ただちに政策にしていくということではない」「責任あるエネルギー政策を進めていく」と福島第1原発の視察後に語ったとされる安倍総理。 原発の問題を正しく理解...続きを読む »

原子力 活動

2012年12月30日(日)

緑の元祖、中村敦夫さんの講演を聞く、チェルノブイリで分かったこと

元参議院議員でさきがけの代表、環境政党の元祖ともいえる中村敦夫さんの講演を聞く。中村氏は日本ペンクラブのメンバーとしてこの4月にチェルノブイリを視察、その報告をなさいました。 チェルノブイリ原発事故から26年、未だに放射...続きを読む »

原子力 山崎誠の一日 活動

2012年10月7日(日)

岐路に立つ日本、失われた政治

日本の政治は決定的な機能不全となり、政治情勢は混沌としている。時代の転換点、文明の岐路に立たされているいま、政治は、日本の未来について語り、議論し、新たな国の形を提示し、国民のコンセンサスを得るための努力を尽くさなければ...続きを読む »

Feature 外交 提案 活動

2015年7月23日(木)

TPP(環太平洋経済連携協定)についてご意見をお聞きします。国政WEBアンケート2011年2月1日号

山崎誠政策研究所では皆様の声を国政に反映すべく、国政アンケートをWebに常設しています。その時々で議論の中心となっているホットなテーマを選んでおります。(内容は随時更新いたします)多くの方々のご協力をお願いいたします。 ...続きを読む »

外交 環境

2011年2月15日(火)

岐路に立つ日本、失われた政治

日本の政治は決定的な機能不全となり、政治情勢は混沌としている。時代の転換点、文明の岐路に立たされているいま、政治は、日本の未来について語り、議論し、新たな国の形を提示し、国民のコンセンサスを得るための努力を尽くさなければ...続きを読む »

Feature 外交 提案 活動

2015年7月23日(木)

憲法改正がいま必要か、可能か

憲法問題 自民党が先の衆議院選挙で大勝してから、憲法改正、自主憲法制定といった動きが活発化、次の参議院選挙で争点にしようという話が盛り上がっています。まず、憲法を改正しやすくするために96条を改正し改正の発議要件をゆるめ...続きを読む »

Feature 憲法 提案

2013年5月6日(月)

超高齢社会を支える認知症介護支援の仕組み作りに取り組みます。環境・エネルギー・福祉を3本柱に今後の活動を展開していきます。

認知症高齢者研究所とは これまでも理事として参加していました社団法人認知症高齢者研究所で本格的に活動することとなりました。超高齢社会を迎え、お年寄りの方々が安心して暮らしていただける社会をどのように構築していくか、日本が...続きを読む »

提案 社会保障

2013年1月9日(水)

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党幹事、元衆議院議員、元横浜市会議員

衆議院議員任期中は、予算委員会、環境委員会、内閣委員会、経済産業委員会、東日本大震災復興対策特別委員会、災害対策特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会等に所属民主党では政策調査会長補佐、国民運動委員会副委員長、福島県対策室副室長を歴任、環境・エネルギー・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。山崎誠政策研究所代表。森びとプロジェクト委員会顧問等

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑