プロフィール

山崎 誠 (やまざき まこと)

1962年生寅年。武蔵野の面影残る練馬で生まれ育つ。都立西高校、上智大学法学部法律学科卒業、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科国際ビジ ネス専攻修士課程修了。(株)熊谷組、日揮(株)勤務。民主党の候補者公募に応募して政治の世界へ転身、2006年3月より横浜市会議員を2期3年半務め る。2009年8月の衆議院議員選挙に神奈川県第8区(青葉区・緑区)にて立候補、初当選。民主党神奈川県第8総支部長。常任委員会は予算委員会、環境委員会、経済産業委員会、内閣委員会委員等を務める。脱原発を貫徹し子どもたちの未来を守るために2012年11月15日民主党を離党、「みどりの風」を結党。脱原発をもとめる市民の声を結集するため脱原発大連合である「日本未来の党」に合流して衆議院議員選挙を戦うも落選。現在、充電中。NPO法人環境エネルギー政策研究所特任研究員、認知症高齢者研究所理事、森びとプロジェクト委員会顧問。横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程後期在学中。GISを使った防災、 自然環境保全に関する研究を進める。青葉区桂台在住。趣味は自転車、トロンボーン演奏、音楽鑑賞、絵画鑑賞、写真撮影、アウトドア、仕事。

山崎誠は、こんな人生を歩んできました。
これからも皆様の恩を忘れず国政に全力投球いたします。

幼少期、三人兄弟の末っ子。

昭和37年11月22日、東京都練馬区に生まれる。男ばかりの3人兄弟の3番目、女子が切望されていたところにまた男子。父は助産婦さんから「子どもは何人いてもかわいいですね」と慰められたとのこと。

当時の練馬区は空き地や野原、湧水の湧く小川が残り、虫とりや草野球など日が暮れるまで夢中になって遊んでいた。自然環境への感性は幼少期に身につきました。

小学生時代はおとなしかったが、中学時代は、副会長をつとめるなど生徒会でちょっと活躍、政治家の基礎はこのころ築かれる(?)

高校時代、青春を謳歌。

都立西高校に進学。片道40分の自転車通学、雨の日も風の日も自転車、試験期間には居眠り運転をしたことも。勉強よりはクラブ活動のブラスバンドに熱中。トロンボーンでとにかくでかい音を出すことに青春をかける。2年生の時、部長を務める。(ちなみに妻は副部長)井の頭公園を舞台にした自主制作映画「ゆがんだ青春」(刑事もの)に家出少年役で出演、記念祭(学園祭)の話題となる。

青春を謳歌した付けがたまって、大学進学まで予備校通い。学費を稼ぐべくホテルニューオータニでアルバイト。田中角栄先生のパーティーでサービスしたことも。ホテル業、天職であったと思う。

大学時代、学問に旅行に忙しく。

上智大学法学部法律学科に進学。国際政治、国際関係論について学ぶ。通常4年からのゼミに3年時から所属。他大学の講座も聴講するなど学問に燃える。(他大学の授業にもぐりこみ見つかてしまうハプニングも)覇権論、カントリーリスク、連繋政治、開発経済論などを学ぶ。ゼミの先生(現在、一橋大学の法学部長)が大のタイガースファンで2人で巨人阪神戦を観戦したのも楽しい思い出。

大学1年の夏に愛車を購入、サイクリングにはまる。大学時代信州、北海道、四国、伊豆など全国を走り回る。卒業旅行で初めて海外へ、ツールドフランスにあこがれてフランス、イタリアを1カ月かけて走る。

熊谷組勤務、現場で汗。

当時、海外の開発事業で急成長していた建設会社の熊谷組に入社。海外勤務を夢見るも、国内の建設現場に配属。3年間多摩センターのレジャービル建設現場に事務担当として勤務する機会を得る。建設工事の表も裏も体験。みんなで力を合わせるモノづくりの醍醐味を知る。

建設現場を離れ本社の人事部、人材開発部。採用業務、人事考課、組織戦略の立案を担当。この時、思い立って青山学院大学大学院国際ビジネス専攻修士課程に入学。MBAを取得する。

日揮勤務、サハラ砂漠に飛ぶ。

海外事業にあこがれて、エンジニアリング会社の日揮に転職。

3年間は採用グループのリーダーとして新卒採用に取り組む。当時、採用したメンバーが今は日揮の中核となって大活躍、採用冥利に尽きる。人事を離れ、応用システム部へ。情報システムの開発、導入プロジェクトを担当する。アルジェリアの国営ガス会社を担当。天然ガス処理プラントの保全管理システムの導入を進める。アルジェリア、サハラ砂漠が第2の故郷となる。その他、コンサルタントとして、化粧品メーカー、アパレルなど様々な会社の業務分析・システム設計を担当。現場の大切さを学ぶ。

市会議員、市民感覚で政治。

小泉郵政選挙の民主党の大敗に接して、日本の行く末に危機感を持つ。岩國哲人衆議院議員からチラシを受け取り、横浜市会議員の青葉区補欠選挙候補者の公募に挑戦、候補者となる。政治経験ゼロからスタートであったが2006年3月の補欠選挙でメール問題の逆風の最中、かろうじて当選。翌年の本選挙では皆さんのおかげでトップ当選を果たす。批判から提案の政治をモットーに現場を歩き、環境、教育、福祉、防災と幅広く提案型政治を実践。

衆議院議員、国をかけた戦い。

2009年政権交代をかけた大切な選挙で候補者に指名され国政に挑戦、小選挙区では敗れるも比例復活にて当選、任期中には、予算委員会、環境委員会、内閣委員会、経済産業委員会、東日本大震災復興対策特別委員会、災害対策特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会等に所属。民主党では政策調査会長補佐、国民運動委員会副委員長、福島県対策室副室長を歴任、環境・エネルギー・防災・社会保障・教育政策、東日本大震災からの復興を中心に取り組む。

民主党を離れ新党「みどりの風」結党

2012年11月15日、衆議院解散目前のタイミングで民主党を離党、新党「みどりの風」を結党、結党メンバーとして活動。

脱原発のための大連合である「日本未来の党」に合流

2012年11月27日、「みどりの風」を離れ嘉田由紀子滋賀県知事が代表となり立ち上がった「日本未来の党」に合流し、脱原発のための力の結集をはかるも、2013年12月16日投票衆議院選挙では落選。

新しいライフスタイルへのシフトを目指す

原発に頼らない持続可能なライフスタイル、社会を目指し、NPO法人環境エネルギー政策研究所の特任研究員として自然エネルギーの普及に取り組む。地域主導、市民が主体となった自然エネルギー事業、農山漁村活性化のための自然エネルギーの活用をテーマに全国の市民プロジェクトを支援。地元横浜では非営利型株式会社「たまプラーザぶんぶん電力」を設立、都市型のエネルギーの地産地消モデルの構築、省エネ・節電の普及啓発の事業化に取り組んでいます。

脱原発で26年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

元衆議院議員、元横浜市会議員

衆議院議員任期中は、予算委員会、環境委員会、内閣委員会、経済産業委員会、東日本大震災復興対策特別委員会、災害対策特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会等に所属

民主党では政策調査会長補佐、国民運動委員会副委員長、福島県対策室副室長を歴任

環境・エネルギー・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。山崎誠政策研究所代表。森びとプロジェクト委員会顧問

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑