雑感

昨日の会合はすごかった。こういうメンバーが脱原発、自然エネルギーを目指す動きを起こすこと、新しい日本が始まる予感

昨日は「みつばちの羽音と地球の回転」の鎌仲ひとみ監督の紹介で、脱原発、自然エネルギーによる社会づくりを目指す仲間の集まりに参加しました。 メンバーがすごかった。 斉藤和義さん、小林武史さん、一青窈さん、岩井俊二さん、鎌仲...続きを読む »

2011年6月10日(金)

母のはなし、東京大空襲をくぐり抜けてきた人生の意味

久しぶりに休みをとり父の墓参りに。その行き帰りの車中にて、母から昔話を聞くこととなりました。 東京大空襲をくぐり抜けてきた人生。防空壕の中で空襲から逃れる日々、最後の大空襲では焼夷弾の嵐の中、運良く逃げることができたもの...続きを読む »

2011年5月5日(木)

福島のペット対策続報。日米の専門家による対策会議が開催されています。

「日米福島原発被曝動物対応専門家会議」が5/2、3と開催されています。 先に緊急対策を提案頂いた国際動物福祉基金(IFAW)の主催で、日米の獣医師他動物の専門家が18名が集結し、今回の福島原発事故の緊急対応策から、生態系...続きを読む »

2011年5月3日(火)

これまでの災害対応の考え方を根本から変えなければならない。国がもっと能動的に動くことが求められています

たとえば、避難所の現状把握。被災者生活支援特別対策本部の報告によると、避難所の実態把握のためのアンケート調査(これまで2回実施、直近は4/13から17で実施)を実施しているが、対象987箇所のうち把握箇所が510箇所、把...続きを読む »

2011年5月3日(火)

徹夜国会、予算は可決、参議院に送られましたが・・・

今朝早く、予算委員会の締めくくりの質疑を経て、平成23年度予算案が衆院本会議にて可決、参議院に送られました。これで予算案については年度内成立が確定しましたが、問題は予算関連法案。野党の反対、民主党内の分裂騒ぎなどもあって...続きを読む »

2011年3月1日(火)

京都霊山護国神社の朝

朝、会合の前に京都霊山護国神社の坂本龍馬、中岡慎太郎のお墓を参拝してきました。 早朝の京都は澄み切った空気が心地よく気が引き締まる。坂本龍馬について墓前にて説明を聞き、33歳という若さで命を落とした龍馬でありますが、その...続きを読む »

2011年2月20日(日)

ミツバチの羽音と地球の回転をみて考える

原子力発電所の建設に関する問題提起のドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」をみてきました。 以前にもDVDでみていましたが、大きなスクリーンでみると臨場感があり印象が際立ちます。山口県の祝島の皆さんの姿、島を...続きを読む »

2011年2月19日(土)

朝の駅頭から国会へ。外国人による土地取得の問題、TPPほか議論に参加しました

市が尾駅にて駅頭活動。本日は菅野よしのり市会議員、土志田ミツオ市会議員、今度市会に立候補予定のえんどう幸彦常任幹事、ボランティアの学生のみなさんと、賑やかな駅頭となりました。真の地域主権を実現するためにどうしても負けられ...続きを読む »

2011年2月17日(木)

本会議が開催されました。予算関連法案の審議が始まりました

来年度の予算の執行に当たって何としても年度内に成立させなければならない予算関連法案の審議が始まりました。 「財政運営のための公債発行の特例等に関す る法律案」、「所得税法等の一部を改正する法律案」、「地方税法等の一部を改...続きを読む »

2011年2月15日(火)

神山洋介衆議院議員の新春の集いに参加。そのあと金沢に来ています

小田原で行われた神山洋介衆議院議員の新春の集いに参加しました。大変な支援者の熱気、ボランティアの皆さんも一生懸命ですばらしかったです。来賓の前原外務大臣からは、神山代議士の活躍ぶりの紹介の後、民主党による政権交代の意義に...続きを読む »

2011年2月6日(日)

4 / 512345
脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党衆議院議員(東北ブロック比例)

立憲民主党副幹事長、エネルギー調査会事務局長、経済産業委員会、内閣委員会委員、東日本大震災復興特別委員会筆頭理事。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑