箱モノは要らない、幼児教育、高齢者介護の充実、既存の資源をもっと活用すべき。

2012年1月13日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもアドバイスをいただいているあざみ野しらゆり幼稚園の園長先生のお話。元気いっぱいの子どもたち、明るくこれまた元気な先生方、いつもヒントをいただいています。

待機児童対策で箱モノを建てようとしている政策、既存の資源を活用することでお金をかけずに保育の場を確保することができる。例えば空いているマンションなど公園に隣接する建物を園舎として活用すれば、園庭も要らないはず。駅前の家賃の高いところ(概して環境は良くないはず)に親の都合で保育所をつくる。駅から遠いところでは定員割れを起こしているそんな実態にもっとメスを入れるべきではないか。幼稚園の施設を活用するのも有効。民主党の政策でもあるが、保育と幼稚園の税金の投入格差の是正の意味からも一体化を目指すことが必要。

同じようなことは高齢者の介護施設でも同じ。施設をつくるよりもサービスを創る発想が必要です。既存の資源を有効活用する。そのために行政の枠組みから見直す。改革の方向と言えます。

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党衆議院議員(東北ブロック比例)

立憲民主党副幹事長、エネルギー調査会事務局長、経済産業委員会、内閣委員会委員、東日本大震災復興特別委員会筆頭理事。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑