社会保障と税の一体改革の議論

2011年12月27日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会保障と税の一体改革について党内の会合が4時間にわたり開催されました。焦点は消費税率の引き上げ。引き上げ幅とタイミングをどうするか。少子高齢化の進展を受けて社会保障制度の維持と充実のために消費税のアップは避けて通れない道。大変厳しい財政難への対応も急を要する。
問題は消費税のアップの前にやるべきことが出来ていないこと。大前提として議員定数の削減等の政治改革、公務員の総人件費の削減等の公務員改革をとにかく断行すること、野党の反対にあってもやり抜く決意がどうしても必要、役員が作成した文案は他人ごとのように書かれていて強い意志が伝わってこない。
国民の皆さんから見放されている現実をしっかりと踏まえてとにかく結果を出すこと、それしか信頼回復の道はないと主張する。明日も続きます。

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党衆議院議員(東北ブロック比例)

立憲民主党副幹事長、エネルギー調査会事務局長、経済産業委員会、内閣委員会委員、東日本大震災復興特別委員会筆頭理事。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑