福島のペット対策続報。日米の専門家による対策会議が開催されています。

2011年5月3日(火)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日米福島原発被曝動物対応専門家会議」が5/2、3と開催されています。

先に緊急対策を提案頂いた国際動物福祉基金(IFAW)の主催で、日米の獣医師他動物の専門家が18名が集結し、今回の福島原発事故の緊急対応策から、生態系のモニタリングなど中長期の課題まで議論されています。本会議の結果は日本政府への提案のかたちでまとめていただけるとのこと、方針の定まらない政府の対応を正す材料に大いに使わせて頂きます。

大規模な保護作戦を行うこと。事前にえさなどでおびき寄せておいて、ヘリコプターによる威嚇、追い出しなども行いながら、専門家によるチームを複数編成して一斉に保護する。効率的に効果的に短時間で作業を行うための戦略を練る必要があります。専門家チームの提案に期待しています。

先に頂いた提案についても近藤環境副大臣、環境部門会議に投げていますが、先日確認にしたところ、まだ対応が十分ではありません。投げただけでは動かない、動けない政府、官僚をなんとかしなければなりません。

多くの方々からペット、家畜の対応についてご意見を頂いております。十分な対応がとれていないことお詫び申し上げます。引き続き必要なアクションが迅速にとれるよう全力を尽くします。

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党衆議院議員(東北ブロック比例)

立憲民主党副幹事長、エネルギー調査会事務局長、経済産業委員会、内閣委員会委員、東日本大震災復興特別委員会筆頭理事。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑