立憲民主党、初の議員総会開催、異次元の政治を目指す。

2017年10月25日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は立憲民主党の初めての議員総会がありました。枝野さんの選挙中のドキュメントビデオの映像から始まりました。枝野さんからは右でも左でもない国民と異次元の新しい政治を目指すとの話があり、権力ゲームには与せず立憲民主党として当面このまま闘っていくことが確認されました。その後のディスカッションでは、新人の皆さんからも積極的な発言が有り、素晴らしい総会でした。

私は民主党の政権交代時「民主党に替われば何もかも良くなる、問題は解決できる」という奢りと過信が強かったと思っています。それがそのあと、俺たちの言うことに従っていれば良いんだという「政治主導」につながり行政との乖離が生じ、普天間の移設問題や消費税問題のような行き詰まりにつながったと思っていました。

少子高齢化、格差社会、財政赤字、気候変動、国際緊張などなど日本の抱える課題はどれもきわめて大きく、解決が難しいものであるとの認識に立つべきと考えています。そこから出発して一つ一つ議論を深め、自分だけで解決しようとせず専門家や行政とも徹底的に協議し、国民の皆さまの声に常に耳を傾け、そうした謙虚な姿勢を貫いて行かねばなりません。

総会で発言しようと思っていましたが、メンバーを見れば、大先輩を含めこれなら大丈夫との安心感がありました。

福山幹事長からは私の例を挙げてブロック比例の考え方が紹介されました。その地域の出身者で無くてもその地域で必要と考える候補を立て当選させた。東北であれば議員は3人だが、ブロック全体で活動を展開してもらいたい、とのこと。そのつもりでおりました。頑張らねば

まずは、原発ゼロへ、さっそく始動です。

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党衆議院議員(東北ブロック比例)

立憲民主党副幹事長、エネルギー調査会事務局長、経済産業委員会、内閣委員会委員、東日本大震災復興特別委員会筆頭理事。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑