「復興予算奪還プロジェクト」緊急提言をまとめました。

2012年11月14日(水)
このエントリーをはてなブックマークに追加

復興予算奪還プロジェクトは、19兆円にのぼる復興予算の執行状況を調査し、真に被災者に役立つ予算・予算執行であったか否かを検証するために集った超党派の議員及び有識者により構成されています。

 これまで被災地でのヒアリングや省庁担当者との意見交換、有楽町駅前でのアンケート調査活動など国民の声に直接耳を傾けながら精力的に活動してきた。こうした調査から明らかとなったのは復興予算について「合法ではあるが非常識な使われ方」の事業が数多く存在する一方で、災害から必死に立ち上がろうとする被災者への支援が不十分であるという事実であった。本プロジェクトの立ち上げに際し宣言した「被災者主権」による「予算の民主化」を一歩でも前進させるべく、ここまでの活動結果を踏まえ以下の通り中間提言を行うものです。

中間提言_20121114

脱原発で26年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

元衆議院議員、元横浜市会議員

衆議院議員任期中は、予算委員会、環境委員会、内閣委員会、経済産業委員会、東日本大震災復興対策特別委員会、災害対策特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会等に所属

民主党では政策調査会長補佐、国民運動委員会副委員長、福島県対策室副室長を歴任

環境・エネルギー・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。山崎誠政策研究所代表。森びとプロジェクト委員会顧問

カレンダー

2017年7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑