予算委員会第5分科会 厚労省に対して質問

2012年3月5日(月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年3月5日 予算委員会第5分科会

厚労省に対して以下の質問を用意して臨みました。「周産期医療の充実について」「精神疾患について」「地域包括ケアシステムにおけるICTの活用について」

1.周産期医療の充実について

(1)少子化対策として周産期医療の充実が必要と考えるが所見を伺う。

(2)産科・産婦人科医不足の現状と対応状況、NICU(新生児集中治療室)の整備状況はどうか。

(3)早産や低体重児出産が増えてきていると言うことであるが、状況をどのように把握しているか。対策はどうなっているか。

2.精神疾患について

(1)厚生労働省は平成23年7月6日にがん、脳卒中、心臓病、糖尿病に精神疾患をくわえ5大疾病とする方針を決めた。精神疾病の現状をどのように認識しているか。

(2)精神疾病に関する医療上の課題は何か。課題解決のための取組状況は。

(3)精神疾病に関する福祉上の課題は何か。最近の「障害者総合支援法」の議論等ではどのように扱われているか。

(4)横浜市会より「こころの健康を守り推進する基本法(仮称)」の法制化を求める意見書が提出された。精神疾病患者を支える社会をつくるために重要な提案であると考えるがどのように対応するのか。

3.地域包括ケアシステムにおけるICTの活用について

(1)地域包括支援システムを効果的、効率的に運用するために関係者間の情報共有の仕組みが重要であると考えるが、この分野のICTの活用状況はどうなっているか。

2012年3月5日 予算委員会第5分科会(クリックしますと動画がご覧になれます)

2012年3月5日 予算委員会第5分科会(クリックしますと動画がご覧になれます)

脱原発で26年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

元衆議院議員、元横浜市会議員

衆議院議員任期中は、予算委員会、環境委員会、内閣委員会、経済産業委員会、東日本大震災復興対策特別委員会、災害対策特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会等に所属

民主党では政策調査会長補佐、国民運動委員会副委員長、福島県対策室副室長を歴任

環境・エネルギー・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。山崎誠政策研究所代表。森びとプロジェクト委員会顧問

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑