《緊急決定》 脱原発を実現するために「日本未来の党」に合流、神奈川7区(港北区・都筑区)から挑戦することに決まりました。

2012年12月1日(土)
このエントリーをはてなブックマークに追加

脱原発大連合「日本未来の党」に合流します。

次期衆議院選挙に向けて「みどりの風」は11月27日に嘉田由紀子滋賀県知事を代表に立ち上がった「日本未来の党」に合流し闘うことを決定しました。新しいメンバーが加わり7人で活動を展開しはじめたばかりの「みどりの風」ですが、前衆議院議員福田えり子、初鹿明博、山崎誠の3名は「みどりの風」を離れ「日本未来の党」に籍を移すことになりました。
この決定は、今回の選挙の最大争点である脱原発について、国民の多くが「脱原発を主張する勢力は、ばらばらではなく一つに結集し、民意の受け皿を作ってもらいたい」との思いを強くもたれていることに応えるものです。今回の「日本未来の党」の立ち上げに当たっては、嘉田由紀子滋賀県知事(代表)の他、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也氏(副代表)らとも検討を重ね、既存の政治家主導ではなく、市民も一緒になった政策集団を立ち上げることが合意されました。
さらに、「日本未来の党」は政策について以下に掲げる通り、「卒原発」-原発稼働ゼロから全原発廃炉の道筋を責任もって創る-等を柱としており、「みどりの風」としても支持できる内容であることが確認されました。

私は、脱原発を求める声の大きい(特にお母様方)地域である神奈川7区(港北区・都筑区)から出馬することが正式に決定されました(公認発表は12/2の予定です。)新しい地での挑戦が、選挙の直前に決まることにまりました。たいへん厳しい状況ですが、脱原発、その先をしっかりと議論し課題を解決する政治を目指します。主党を離党し「みどりの風」に合流した時の思い、目標はそのまま、力を合わせ日本の未来のために闘います。


日本未来の党の「未来をつくる政治」

原発のない再生可能エネルギー社会へ

原発・・・原発稼働ゼロから全原発廃炉の道筋を創ります。

全員参加型社会へ

女性、子ども・・・誰もが居場所のある社会を実現します。

安心・安全を実感できる社会へ

暮らし・・・みなさんの生活に対する不安を取り除きます。

家計の復活へ

増税・・・消費増税の前に、徹底的にムダを削減します。

行政・司法の抜本改革の断行へ

官僚・・・国民・地域の立場に立った行政・司法に改めます。

主権国家としての権利の堅持へ

外交・・・食品の安全、医療制度を守り、品格のある外交を展開します。

写真は日本未来の党で闘う予定の神奈川のメンバーによる記者会見(11月30日、県庁記者クラブ)

脱原発で30年。山崎誠はぶれません。
山崎誠事務所 インターン募集のお知らせ
山崎誠

山崎 誠

(やまざき まこと)

立憲民主党衆議院議員(東北ブロック比例)

立憲民主党副幹事長、エネルギー調査会事務局長、経済産業委員会、内閣委員会委員、東日本大震災復興特別委員会筆頭理事。

環境・エネルギー・地方創生・社会保障政策・教育政策を中心に活動を展開。

元横浜市会議員、日揮株式会社、株式会社熊谷組勤務。山崎誠政策研究所代表、森びとプロジェクト委員会顧問、よりそいサポートネットワーク事務局長等

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ページの先頭に戻る↑